スポンサーサイト

  • 2016.07.06 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


3年という歳月

JUGEMテーマ:ジャズ
 
3年って、長いのか短いのか、どの角度から物を見て判断するかで変わると思うのです。私にとっての3年は、音楽活動をする人間という側面から見ればものすごく長く辛いものでしたが、母親とか家庭人という側面から見れば短くもなかったですが、長く辛いもの、ということはなかったように感じます。それはもちろん、自分一人の力ではなく、家族や友人知人、各方面の先生方など、周囲の方々に助けられ支えていただいたからだと思います。

その昔、必死に活動できていた頃に感じた3年なんて、超短くて、自身はなんの成長もしていない、状況も全くよくなりもしない、なにをしていたんだこの3年、と感じていたように思います。毎日毎日が安定した状況にある時は実際、そんなものなのかもしれません。安定しているから、例えば昨日が今日でも、今日が明後日でも、あまり変わらないといったような毎日であったとしても、小さな変化も、小さな成長も、小さな感謝も、小さな喜びも、敏感に感じ取りにくくなる。それは毎日の状況や環境が安定しているから。

突如、予測も想定もできなかった状況や環境を目の当たりにして、安定して続けていたことを強制的に中断させられたら、自身は止まるけど、また次の瞬間から、その状態からの毎日が始まる。そうすると、当たり前ってことは実はなくて、すべてが、これまでの安定していた毎日も含めてすべてが奇跡的なことだったんだと思えてきて、止まった状態にあるこれまで続けてきたことは事実まだ止まってるけど、今まで見えてなかったし、考え及びもしなかった事柄がはっきりくっきり感じ取れたりする。もしかしたら、止まってるこれまで続けてきたこと自体は止まったまんまだけど、また別の部分が少しは成長できたってことかもしれません。


私にとっての3年は、そんな3年だったわけですが、なにが言いたかったか、なにが今心が感じまくってふるえがとまらないくらい溢れだしてきてるかというと、


3年という歳月は人を大きく変え得る時間なんだってこと。大きく成長させ得る時間なんだってこと。ミュージシャンなら、毎日ライブスケジュールや演奏の仕事があって、毎日毎日演奏していて、一昨日も昨日もさほど変わりはしなくて、たくさんお客様が来てくださったり、なんか調子良かったりして良い感じの時もあれば、逆に調子悪い時があったり、そんな毎日の小さな変化なんかは、いちいち毎日立ち止まって感じてられない、だって、忙しいし、練習もしないと、明日のために体調からなにから管理しないと。


だけど、止まってる側から見れば、そんな安定した毎日のパフォーマンスを365×3年積み重ねてるわけで、これはやはりすごいことだと本当に感じます。地味な作業であり、また孤独であり、時に周囲に押しつぶされそうになりながらの、365日×3年。これは、お金では買えないすごく重みのある、尊いものであります。


死ぬまで成長し続けたいですし、私のこの3年間は音楽という側面から見ると、こんなに重みのあるものではないけど、きっと成長した部分があると思うから、自分にしかできない、自分の最高をやっぱり目指してチャレンジし続けたいと心から願うものであります。


周囲の素晴らしい方々から私はいつもこうして良い刺激をいただき、恵まれているし、ありがたいことだし、感謝の気持ちでいっぱいです。


他人の人生はなんぼのぞんでも歩かれへん。周りの方々に磨かれながら
、あなたはあなたの道を続けていきなさい。やめたらあかんよ。


そう言えば、ある大先輩にかけていただいた言葉、思い出しました。




あけましておめでとうございます

JUGEMテーマ:ジャズ
IMG_0656.jpg
皆様 新年あけましておめでとうございます。本年も頑張って参りますので どうぞよろしくお願い致します!


皆様、どんなお正月をお過ごしになられましたか?初詣はされましたか?お雑煮食べられましたか?


2016年が始まりました!皆様にとりまして 素晴らしい一年となりますように☆そして 自分自身も 少しでも 前進できるように コツコツと歩んでいこうと思います♪


新年初ライブがいよいよせまって参りました!

<2016年>

◆1月10日(日)
Bar オーバーヒート
泉大津市池浦町1-13-11
0725228289

昼14時スタート
チャージ¥2000

vo.p 吉田美雅
guitar 野江直樹
bass 光岡尚紀


泉大津でライブをするのは初めてです。休止前には よくライブをご一緒いただいておりましたし また復帰ライブでもご一緒いただいた若手実力派プレイヤーとのライブです☆

是非ともお越しいただきたいです☆

皆様のお越しをお待ち致しております!

そして 1月はもう一本ライブがあるんです☆

◆1月30日(土)

天満 じゃず家
http://www.cocosound.jp/jazz_ya/
0663771130


vo.p 吉田美雅
bass 中本まゆこ
drums 冨永ちひろ


こちらは昨年11月末にご一緒いただいたメンバーとのTrioです!女性ばかりのかしましTrio☆ こちらもぜひチェックしていただいて お越しくださいね☆


どんな一年になるのか…自分次第ですね。とにかく、再度チャレンジ、前向きに再度チャレンジの気持ちで コツコツと自分の最高を目指して頑張っていきます!

皆様、応援してくださいね☆ よろしくお願い致します☆


ワクワク
(≧∇≦)
 

東陽中学校吹奏楽部

JUGEMテーマ:ジャズ

 
150510_1228~01.jpg
今日はとてもお天気もよく、気持ちいいですね。

我が泉大津市には中学校が3校ありまして、そのうちの一つに東陽中学校があります。今日はここで東陽フェスタと呼ばれる地域のイベントがありました。様々な催しや、飲食の提供があります。大変な賑わいです。東陽中学校といえば、最近局アナからフリーになられた川田裕美さんや、私が覚えている範囲においては、私が中学かそこらへんの時に、春のセンバツ野球に三国ヶ丘高校が出場したことがあり、その時のピッチャーだった松田光広という方が出身者であられます。

そんな東陽中学校の吹奏楽部の演奏があるというので、午前と午後の2回聴いてまいりました。


午前の部では、妖怪ウォッチの曲をダンス付きで楽しめたりしましたし、なんといってもオーボエのソロ曲がありまして、私はこれで完全にノックアウト(笑)。心がふるえちゃって涙がポロポロ出てくる始末でした。本当に感動しました。


午後の部は、どの曲もどの曲も、とてもまとまっていて、ズシッと心に届く太いサウンドで、感動と感心を同時に心に抱えながら聴き入っておりました。


いいなぁ、生演奏は。ライブって本当にいいなぁ☆☆☆


drumsの方も素晴らしかったし、パーカッション部隊がとても素晴らしかったなぁ。

ムーンライトセレナーデなんかも取り上げられてましたし、いやいや、余韻にひたっている日曜の午後です。


私も、そろそろ封印していた私のフィールドへ羽ばたこう! またゼロからのスタートですが…あんなに頑張ってる中学生の姿をみると、背中を押されるわぁ…


東陽中の吹奏楽部の皆さん、素敵な演奏をありがとうございました!!


せやけど、泣いたわ(笑) ひっさしぶりにええ涙流せたわ〜☆
(≧∇≦)
 

水没

JUGEMテーマ:ジャズ

 
今年は、年初来なんだかついてないというか、良かれと思って行動すると裏目に出たり、周囲の流れというか雰囲気というかそういったものにのまれたり、いつもの自分らしくない自分をなぜだか演じてしまったり、とても変な感じです。

私はこのブログに携帯(ガラケー)から記事を送信しています。私にとっては、もうなくてはならない存在である携帯を、なんと人生初、トイレに落としてしまいました。最低です。ものの5秒程度で拾い上げたものの、初日はまだなんとか動くボタンもあったのですが、以降全く機能しなくなり、ショップに持って行き現在修理中です。

水没した携帯の中にICチップが入っていて、それを抜き取り、昔使っていた古い携帯に差し替えてなんとか無理やり使っております。この記事はそちらからの送信です。

携帯を水没させるなんて、今まで、なんでそんな事態になるのかな?ぐらいに思ってましたが、まさか自分がやってしまうとは…。本当にショックです。

復旧してくれることを祈るばかり。だって、データが抜き取り不可だったら、大変困りますからね…。


昔、あるミュージシャンの方が話しておられました。

…人生、10年くらいに一回、にっちもさっちもいかない時がありますよね…


結構、ここ約3年は、抜き差しならない状況の中、なるべく冷静に、ゆっくりと誠実に対応してきて、そろそろこの状況も終わるかなと思いきや、携帯水没だなんて、まだ続くんかいっ!とツッコミたくなります(笑)。


なんか、いつもの自分がどっかに行っちまって、戻って来ない感じ?変やわ…

ま、練習時だけは、すべてが統一されて集中できるのですが、この練習がまた、自分は充実してるんですが、、、自分以外がね(笑)


このへんにしとこ。どんどん愚痴ブログになってしまう。


今日も明るく笑って参ります!! 無理くりでも笑ったります!!
 

嬉しいです!!

JUGEMテーマ:ジャズ

 
150102_1442~02.jpg
今日は寒くないですね。曇ってはおりますが、寒くないのは良いですね。


捨てる神あれば拾う神あり、と昔からいいますが、本当に現実はそうなのかもしれません。

昨日、ある方からご連絡をいただきました。その方は、あるsingerのライブにお出かけになられたそうで、その会場で、私がまだ活動していた頃によく私のライブにお越しくださっていたFさんとお会いしたのだそうです。

私のことを心配してくださっていたそうで… まあもっとあれこれありますが、端折りますが…ともあれ、Fさんもお元気であられ、もうかれこれ活動を休止してから3年くらいになろうかという私のことを案じてくださっていたとは、本当に嬉しいことであります。本当にありがとうございます!


みんな復帰を待ってるから、焦らずに、一皮むけて戻って来てください!

と言っていただいたのです。


目頭が熱くなりました。なんと幸せなことか!有り難くて有り難くて仕方がありません!


人生には、必要なことしか起こらないと思うのです。自己否定、嫉妬、反省、焦燥感、怒り、といった自分の感情とこの3年間向き合ってきた、また今も向き合っている最中ですが、上手に乗り切っていけない時には自分にものすごく腹が立ちます。どうするのが、どう受け止め対応するのがいいのか…。

しかし、私には、活動休止している今もなお応援してくださる方々がいるのだと思うと、本当に勇気もパワーもわいてきますし、また、ちまちま悩んでる場合ではなくて、私の本当にやらねばならない役割をきちんと果たすために取り組むべきことがあるのだ、私の前には一本の道がすーっと未来へ伸びているのだと確信する次第です。自分で自分を幸せ者だと思うのです。

あまりにも嬉しいことだったので、思わずブログに書いてしまいました☆ またまた音楽とは関係のない内容になっております(笑)。


音楽活動をしたいです。自分を取り巻く状況をしっかりと認識しておりますので、復帰したら、きっと一皮むけてるか!?はわからないけど(笑)半皮ぐらいはむけてるとは思います(笑)

あ〜、嬉しいです。本当に嬉しいですね。ありがたいことですね。感謝の気持ちが心で満タンになっています。


(≧∇≦)


写真は、八尾の山の方にある恩智神社にて撮影したもの。雨が降る前日は赤い水が流れるのだとか…

私は音楽で、微小であるけれど社会貢献する人間であるのだともっと自信をもって上を向いて毎日毎日歩いていこう!


本当にありがとうございます!

私は元気です(笑)
♪〜θ(^0^ )

 

桑田といえば…

JUGEMテーマ:ジャズ

 
ファイル0002.jpg
世間では桑田といえば…サザンの桑田佳祐。紫綬褒章を受賞されましたよね☆

しかし、私の中では桑田といえば… そりゃもう、間違いなく桑田真澄!!当たり前です☆


私は小学校6年の時に、全身やけどをおいまして、その影響で毎日遠くの病院へ通わねばならず、中学に入ってからのクラブ活動ができませんでした。みんながクラブ活動を充実させている中、毎日学校に登校し、授業を受け、帰宅、そしてまた翌日も… 今日が明日でも、昨日が今日でもなんにも変わらない、そんな毎日にものすごく虚無感を抱いていました。


そんな中学1年の夏休み、私のように部活をしていない友人が数人集まって、することもないのでテレビでなんとなく高校野球を見てました。その時に、高校1年生でありながら、堂々とマウンドで冷静なピッチングを続ける桑田真澄さんを知りました。

高校1年生コンビ清原と桑田君のいるPL学園はこの夏、優勝候補といわれた水野雄仁のいた徳島池田高校に勝ち、優勝したのでした。

特に桑田君に興味があったわけではないのですが、たまたま友人とお金を出し合って、「輝け 甲子園の星」という雑誌を買い、順番でまわして読んでおりました。

その中に、桑田君の特集記事が掲載されておりました。読後、私はかなりの衝撃を受けました。詳しい記事の内容は覚えてないのですが、要するに、野球の強い学校に行きたいから野球だけを頑張るのではなく、学業もきちんと取り組み、成績優秀、しっかりと自己分析をして弱点を克服するために計画をたてて、コツコツ毎日練習する、そういったような内容でした。

自分は、クラブで忙しいわけでもない、病院から帰ってきてもせいぜい宿題をやるくらい、学校も特別楽しいわけでもない、なにも真剣になれるものがない、何にも意味や価値を見いだせない、なんてつまらない人間なんだ、それにひきかえ、桑田君は自ら判断して決意して計画して取り組んで、私もこの人のような人間になりたい、一歩でも近づきたい、と、何かに目覚めたかのような気持ちになったのを今でもはっきり覚えています。


今の私に取り組めることはなんだろう? そう考えた時、中学入学当初の席次よりはるかに下がっていた勉強をとりあえずやってみようと思いました。当時桑田君は早稲田大学に進学したいと言っていて、よし、私も桑田君の行く大学に行きたい、とミーハー心も満載でしたから。

私の家は、勉強しろと一切言わない両親でしたから、参考書とか問題集も一切ありませんでした。適当にしか授業を聞いていなかったので、ノートやプリントを見てもさっぱりどうやって勉強したら良いのかわからず、自分の決意を親に話して、参考書がほしい問題集がほしいと訴えたら、わかったといってお金を渡されたので、ソッコーで本屋さんに行って買いました。

それから翌日には当時の担任の先生にも自分の決意を話して、今の私ならどれくらい勉強すれば現役で早稲田大学に行けるか、調べて教えてほしいと頼みました。

急に成績がものすごく上がり、担任に決意を話したはずなのに、生徒指導室に呼ばれ、「お前、カンニングしたんか?」 と言われ、「先生ひどいわ、勉強するて話したやん、桑田君目指すねん、早稲田大学行きたいねん、だから勉強すんねん」と言ったら、先生が謝ってくれました。「そうやったな、先生が悪かった、調べるわな」と。

すげー生徒(笑) めっちゃウザ目の生徒だったな… でもこの時の担任は、以降真面目に私の桑田君話しを聞いてくれて、早稲田大学についても調べてくれて、私がPL学園に進学したいという話しも真面目に聞いてくれて、両親にも話してくれたりしました。今思えば本当に優しい先生で懐の深い先生で、私を受け入れてくれた先生で、感謝の気持ちで心が溢れかえります☆。


部屋にも、筆箱や下敷きにも桑田君の雑誌の切り抜きを貼り付け、しんどいことがあると桑田君の切り抜きやポスターに話しかけたり、日記を桑田君宛てに書いたり… そういう かなりイタい(笑)中学時代を過ごしておりました。


桑田君は、結局早稲田大学には進学せず 、なんかややこしい感じで巨人に入団しましたし、私もPL学園にも行かず、早稲田大学にも行けませんでしたけどね(笑)


私の心の神様というか、彼の野球を通じたものの考え方、取り組み方、そういった部分はいまだに私の支えです。


他人の言うことに左右される必要はない。どんなに偉い立場の方でもその人は人間です。完全である神様ではない。人間は不完全な生き物です。そんな不完全な人間の言うことに左右されることは全くない。あくまでも自分。自分がどうしたいのか。自分の信じる道を自分のペースで行くことです。


本当にそう感じます。

輝け 甲子園の星 って今もあるのかな?私はこの雑誌を読んで、記者になりたいと思ったんですよね。まぁ、全くなれませんでしたけど(笑)

今日の記事は、音楽とは超無関係の内容ですが、たまにはええでしょ(笑)。


桑田君って、船場太郎にどことなく似てると思いません?


さあ 今日も1日!
 

難しい

JUGEMテーマ:ジャズ

 
150130_1121~01.jpg
自分は、自分のことしかわからないので、みんな違っているということを理解していても、やっぱり
自分以外の人のことはなかなかわからないですね。だからこそ想像力とか思いやりが大切なのでしょうけど。ずっと昔から、だいたい群れずに一人でいるので、良くも悪くも公平に見渡すようになっていると思っていますが、それも自分の単なる思い込みなのかもしれません。自分のペースで行動することが私は得意だから、そうしてきたけれど、それも自己中とは紙一重のものであります。世の中には正しくても大切ではないこと、正しくないけど大切なこと、そういう'しょうがないこと'が山ほどあります。だけど、大切じゃない大切なことってなくて、大切なことは大切なんですよね。こんなことは、もっと思春期のややこしい時代や青春時代にもっともっと悩んでおけば良かったですが、40も半ばにさしかかろうかっていうこの時期に痛感するなんて…。
群れない人生は、群れの中に入ると、そういうことを勉強させられます。大人なんだから、にっこり笑って、しっかり勉強ですね。とは言いながらも、いつも'人'に助けられて人生を渡ってきたのは事実で、自分の人運の強さも自覚するほどなんですけどね☆

ここ最近は、音楽を聴いて感じることがたくさんあって、ブログを書かないと!と思ってはいたものの、なんだか自分とか人間の行動とか、女の生き方とかいろいろ考えしまって、どのみち答えも出ないわけだから考えても仕方ないのに、ずっと考えてしまって…そんな時は、ええいっ、考えるのがイヤになって気持ちワルなるまで考えたれぃ!と思って、流れに身を任せてます(笑)

次の記事では、大好きな音楽のことを書きたいと思います♪

写真は、今朝の産経新聞の記事ですが…私も孤独癖があるので、面白かったです☆

下手やな…

JUGEMテーマ:ジャズ

 
1413169752353.jpg
人前でライブをやる人間ですが、人前で大きな口を開けて歌を唄う人間ですが、いやはや、人前でまともにしゃべるのが極端に苦手です。

伝えたいこと、知ってほしいこと、言いたいこと、たくさんたくさんあります。
みんなが良好な状態でいられるように、建設的な発言や行動をおこして、良い波を作っていきたいです。ただそれだけを伝えたいのに、ガラッパチで反骨精神満載な質が邪魔をして、全く上手く伝えられない自分に、とてつもなく落ち込みます。

弾き語りをすると、マグマのような熱いものが心から流れ出していきます。そう私はこれが表現したいのだ、こういうことだ、と感じながら音にしていけるこの瞬間瞬間が、私が私でいられる時であり、至福のひとときです。

大人として、落ち着いて、みなにわかりやすく、聞きやすく、丁寧に伝えられるように、まだまだ修行が必要です。

考えは保守的だし、わりと落ち着いているし、冷静に判断対応できるのですが、どうも話すとなると苦手です。真面目な思いを伝えようとすればするほど、苦手です。

書くのは大好き。考えをきちんと順序だてて書けるし、推敲って作業ができますから。だからメールは得意。ブログも、日記も作文も大好き。読書感想文も得意でしたし、好きでした。

だけど、しゃべるのは苦手です。


「あんた、それでも大人かよ」


今日は1日このツッコミの声に襲われ続けております。
好きな音楽かけてもダメ。Oh no 〜


最近は朝井まかてさんと平安寿子さんの
本にはまってます。
どうにもならないので図書館へ行って気分立て直しをはかろっと!!

こんな日もある。
こんな日もある。
 

阪南の夕日

JUGEMテーマ:ジャズ

 
140731_1837~01.jpg

とある施設がありまして、縁があり、今年はそこにプチ旅行といった感じで遊びに行きました。

阪南市鳥取ノ荘駅下りにあるこの施設から眺める夕日は、夕日100選にも選ばれているそうで、私が育った町であるにもかかわらず、この歳になるまで知りませんでした…。

地元の公民館の主催で、夜は海ホタル鑑賞会が開催されるとのことで行ってきました。
青い光を発光する小さな小さな海ホタル。幻想的でした。手にとってみましたが、なにかが手に乗っかっているという感触もないほどの小さな海ホタルでした。
チクワやシラスを与えたり、氷を入れて刺激を与えると発光するのだそうです。チクワにシラス(笑) オヤジかっ(笑)。

檜のお風呂にゆっくり浸かり、しばし現実世界から逃避して堪能しました。


140731_2046~02.jpg
海ホタル

140731_1837~02.jpg
檜風呂

140801_2009~01.jpg
そして8月1日の夜は自宅に戻り、我が家の玄関先廊下から見えるPLの花火!
今年は風がなく、煙が立ち込めていて、きれいに花火が見えない感じでした…ちょっと例年より時間も短かっような気もしますし…


というわけで、音楽とは全く関係のない記事アップですが、とりあえず家に帰って来たらShirley Hornを聴きまくった自分です(笑)。やっぱり、自分は音楽がなくっちゃ、やってられましぇん(笑)。

ミニひまわりが咲きました

JUGEMテーマ:ジャズ

 
140725_0815~01.jpg

その昔、私は植物も動物も好きではなく、いや興味がなかったという方が合っているかもしれません、とにかく、かかわりたくもなかったのですが、人って変わるんですね。今は植物を育てていますし、動物も飼っています。しかも、綺麗に咲いてね、とか、元気で楽しく我が家で暮らしてね、などと愛情を持って植物にも動物にも接している自分がおります。 植物を育て始めたら歳いった証拠や、と言われたことがありますが、確かにそれもあるのかも…(笑)

サマーナイトコンサートが終わってからは、夢のような世界の余韻に浸りながらも、日々の生活を楽しみながら、地域の夏祭りに2つ行って来ました。実は、盆踊りの音頭を生で聴くのが好きで、ステージの最後までは聴き届けられないのですが、堪能してきました。

夏の暑さや、日頃の憂さ晴らし!?に、生の音頭にのって踊るって、素晴らしい日本の文化だと思うのです。婦人会などに所属しておられない、一般の御婦人が、普段着のまま踊りの輪の中に入って踊っておられるのを見ると、とても温かい気持ちが心の中に広がります。

私も踊りたいのですが、年頃の娘に、恥さらさんといて、と言われるので(笑)、控えておりますが、もっともっとたくさんの人間がせっかく生の音頭で踊れるわけですから参加したらいいのになぁ…と感じます。

じっくりと耳を傾けてみてください。詩がとてもおもしろおかしくて、なおかつ深いです♪ 人間臭さというか、魂を感じます♪ 太鼓とguitarとお唄、こんなシンプルな編成なのに、たくさんの人々をノセていく…そんな骨太な音楽です、音頭って☆☆ 素晴らしい芸術です☆☆

これについてはまた改めてこのブログでご紹介させていただく予定です!!


私の育った家は小さい時から親が好きだった関係でJazzが流れている環境でしたが、同時に、父が音頭がとても好きだったのでよくレコードがかかってました。
多分、なんとなく私の中に染み込んでいるのだと思います。

いつか復帰する時のために、今できることを焦らず腐らずコツコツと。。。

さ、昼ご飯の時間です(⌒〜⌒)


IMG_019510001.jpg

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM