<< 偉大なsingerです☆ | main | 美しい >>

スポンサーサイト

  • 2016.07.06 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Clark Terry

JUGEMテーマ:ジャズ

 
150307_1515~02.jpg
今日はあいにくの雨模様です。とても行きたいライブがあるのですが、今回も断念。ここまで待ったわけですから、あと少しだけ辛抱して、状況が整ったら晴れた気持ちで出かけようと思っております。

練習部屋にあるたくさんのCDたちをあさっていたら、思わず見つけてしまったAlbumをかけてみたら… 超素敵☆☆☆


Days Of Wine And Roses


★Clark Terry…trumpet&flugelhorn

★Horace Parlan…piano

★Red Mitchell…bass

1978年フランスでの録音です。


このAlbumの魅力は、なんといっても編成にあると思います。trumpetの入ったAlbumで、drumsがないというのは、とても変わった編成です。drumsが入っているとホーンがバックのリズム隊の出すものにのっかり、グイグイ吹きまくるというジャズっぽい感じになるのですが、drumsがいないとなると、ホーンがリーダーで吹きまくる…といったところからは離れて、三者がそれぞれの音を注意深く聴いて音楽の密度を保たなければ成立しません。要するに、とても難しい編成なのです。
ここで大事なのが、なんといってもbassです。Clark TerryとHorace Parlan…お二人とも素晴らしい演奏をされますが、Red Mitchellのbassが音楽の様々な要素を一つにつなぎ合わせる接着剤のような、そんな役割を果たしていると私は感じるのです。音色もキャラクター的なものもかけ離れたClark TerryとHorace ParlanをRed Mitchellがエッジがきいた極めて明快な演奏で、とてもよい具合に一つの織物へと縫い上げられていくような、そんなふうに感じるのです。このAlbumはあくまでもClark TerryのAlbumなんですけどね…サイドマンであるRed Mitchellに重心があるような、そんなふうに感じるのです。

私は常日頃から、そのバンドの要がbassであると感じています。ですから自分もライブをするにあたってはbassが何よりも重要で、私がこれまで演奏していただいてきたbassの方にはものすごく支えていただいてきたわけです。ありがたい話しですよね、本当に。

かのMiles Davisの先生がClark Terryだったわけですが、ストイックで陰影の美学といったところのMilesと陽気でおどけたスキャットヴォイスまで披露してしまうClark Terryとは水と油のようではありますが…ビブラートなしでストレートにtrumpetを鳴らし切るスタイルはMilesにもClark Terryにも流れているものなのかもしれません。


Clark Terry…最近お亡くなりになられました。残念です。

彼のAlbumをたくさん持っているわけではありませんが、vocalのCarol Sloaneと一緒に録音されてるAlbumがありまして、私が一番最初にClark Terryを知ったのは実はこのAlbumなのであります。
Ella&Louisに捧げたもので、Blueberry Hillが収録されてるんです☆☆☆ なんて素敵な曲よ☆☆☆


ぜひぜひ皆さん聴いてみてください!
めっちゃいいです☆

今日はね、東京方面で主に活動されている、素晴らしい弾き語りスト、赤坂由香利さんのライブが京都であるんです。本当に本当に行きたいのです。次の機会の関西ツアーの時には行けるんじゃないかと希望を持ちつつ☆

上がらない雨はないんだから☆☆☆



150307_1515~01.jpg

スポンサーサイト

  • 2016.07.06 Wednesday
  • -
  • 16:49
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
すごい!さすがプロ!
あたしのブログとは大違い(汗)。

みかちゃんっていうのね!
LIVE再開する時は必ず知らせてね!
おめかし、厚塗りしていきますよ〜。
楽しみ〜(^^)。
  • やましたゆきです!
  • 2015/03/09 5:08 PM
書き込み、ありがとうございます!
私がライブ再開した時には、ヒョウ柄ホルターでぜひお越しくださいね。若いお兄ちゃんは…いてないかもしれませんが(笑)

  • 吉田美雅
  • 2015/03/09 6:28 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM