<< 更新! | main | 一難去ってまた一難 >>

スポンサーサイト

  • 2016.07.06 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


何年ぶりかな…

JUGEMテーマ:ジャズ

 
150625_1303~01.jpg
時が経過するのは早いものですね。渦中にある時は、霧が晴れる日など本当に来るのかと思えるほど、一分一秒がものすごく長く感じるのですが、そこを過ぎれば、あんなに長く感じていたのに、案外短かったな…と思えたりします。


私がライブ活動をしていた時に、元来はギタリスト、ベーシストである方々に歌を唄ってもらい'ハモり'というスタイルで一緒に演奏をしていたTrioがありまして、そのギタリスト、野江直樹さんにお会いし、直々に彼のリーダーアルバムを購入しました。

早速今日は朝からずっとかけて聴いております。


とにかくこのアルバム、スッゴく心地よいです。ゴリゴリした感じの、なんてゆうか前衛的な!?そんなの全くなくて、とにかくバンド感がものすごく良くて、本当に心地よいというか気持ちいいんです♪ ナチュラルな感じというか、奇をてらうようなところもなくて、スーッと身体に入ってきます♪


little girl blueの野江直樹さんの奏でる音がたまらないです。メロディーラインをこんなに美しく演奏できるguitarの方はなかなかいません。
彼のオリジナルが4曲収録されてますが、私はBack Of The House,Tears が特に好きです☆


I'm An Old Cowhand! 私、この曲大好きで!! ニンマリ!


アルバムの最後は、I'll Be Seeing You …なんて粋なんでしょう☆☆☆


あ〜、お昼ご飯食べたし、もっぺん聴いてから練習しよ(笑)
「Three and Four」
guitar 野江直樹
organ 建部さとこ
drums 中野圭人
trumpet 田中洋一
alto sax 柏谷淳


drums中野圭人さんとのライブを予定していたけど、私の事情で活動休止せざるをえず実現できなかったことがあって、自分的に心残りなのですが、またご一緒いただきたいなと感じます。


あ〜、音楽は素敵!本当に音楽は素晴らしい!

ぜひ皆さんもこのアルバム聴いてみてください。そしてライブへぜひ足をお運びください!

ごちゃごちゃ言葉がいらないです。本当に'ええ'。これ、極上の言葉やと私は思うのです!!


150625_1332~01.jpg

150625_1334~02.jpg
紙ジャケで、ずいぶん前に買ったものだからボロボロですが、私はこのDuke PearsonのAngel Eyesというアルバムで知りました。I'm An Old Cowhand♪
 

スポンサーサイト

  • 2016.07.06 Wednesday
  • -
  • 13:37
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM